くさや商品一覧

青むろ ☆青むろ大きさ20~35センチ)くさやの主原料

漁獲時期:通年(特に秋から春先)魚の表面が青く、きらきら光っていて、くさやの代表的な魚です。島外で見られるくさやは、 ほとんど青むろで、身が厚く、味がまろやかでかめばかむほど味がでるくさやの王様です。
ムロアジ ☆むろあじ(15~30センチ)くさやの主原料

最近漁獲高が減少。 漁獲時期:年間を通じて取れる魚青むろに形は似ていますが、脂ののりがよくまろやかな味が楽しめます。 脂の乗った一夜干しのくさやは、大変やわらかく、大島の人は好んで食べます。
とびうお ☆トビウオ(大きさ15~40センチ)くさやの主原料

漁獲時期:春から秋 春先は大形、夏は中とび、小とびわりとあっさりした味で、食欲のないときには最適です。
サンマ ☆サンマ>(大きさ20~35センチ前後)

漁獲時期:12月中旬から春先この時期のサンマは脂が抜けて加工するのに最適です。 西風にさらした天日干しのさんまのくさやと塩干し(丸干し)は大島のこの時期の風物詩です。
さめ ☆サメ(大きさ60~100センチ前後)

左の写真はくさやの原料(ツノメ) たまに製造する魚として、さめ(大きさ1メ-トルくらいの小形のさめで(ツノメ、ホシザメ)最近は、 専門に取る船がいないのでたまにしか製造しません。くさやの好きな方なら一度は食べてみたいものです。
真アジ ☆真あじ(大きさ15~20センチ前後)

普通の真アジのやや小さいものをくさやにします。季節の限定品。
ウスバハギ ☆ウスバハギ(大きさ30~40センチ前後)

名前の通り身は薄く、川をはぎ、三枚におろしてくさやにします。 白身で大変美味ですが、最近とれません。なべの素材として珍重されているようです。
ウマズラハギ ☆ウマズラハギ(大きさ30センチ前後)

つり中間でも外道とされているおなじみのウマズラハギです。 白身で大変美味ですが、最近とれません。なべの素材として珍重されているようです。
タカベ ☆タカベ(大きさ15~20センチ前後)

丸干し 漁獲時期:春先から夏伊豆諸島の岩礁に生息する魚で、脂の少ないものを丸ごとくさやに浸けます。
季節の魚で昔ほど製造しなくなった。
シイラ ☆シイラ大きさ80~100センチ前後

地元の定置網でたくさんとれ、切り身をくさやにしましたが、あまりおいしくはありませんでした。


◆くさやのお勉強のペ-ジのトップ◆
◇製造方法 ◇くさやの加工場 ◇くさやの原料 ◇くさやのお話
◇くさやの乾燥 ◇さめのくさやのお話 ◇汁の成分と微生物 ◇漬汁に抗生物質が

このページの先頭へ