本文へジャンプ
 


○与謝野鉄幹(歌人)

渡し船傘を立てたる人のせて波浮の入江にけぶる春雨

昭和8年4月3日来航

与謝野鉄幹(1873〜1935) 明治6年京都生まれ明治・大正・昭和の詩人・歌人。
明治25年上京し、落合直文門下となる。新派和歌運動をはじめる。
27年歌論 『亡国の音』 を発表、32年 『新詩社』 創設。
33年 『明星』 創刊詩、妻晶子と共に浪漫主義運動をはじめる。


与謝野 鉄幹
渡し船 傘を立てたる 人のせて

 
    波浮の入り江に けぶる春雨

椿咲く 山を見上げて 細き船

     波浮の入り江の かの岸へ行く

山めぐり 波浮の入り江の 青めるに

      影しぬ船と 片側の街




巌与謝野 鉄幹(1873〜1935) 京都府生まれ

明治27年歌論 「亡国の音」 を発表して 「ますらおぶり」を
唱道。29年の 「東西南北」、 30年の 「天地玄黄」 の
詩歌で実作を示した。34年晶子と結婚し歌論秀 「新派和歌大要」で、全盛時代を築く。門下には、北原白秋、吉野勇、石川啄木等大勢がいる。 昭和38年4月3日来港
。