本文へジャンプ
 


○宮川哲夫(作詞家)

公園の手品師
鳩が飛び立つ 公園の
銀杏は手品師 老いた道化(ピエロ)さ
うすれ陽に 微笑みながら
季節の歌を 唄っているよ
手風琴借して あげようか    



宮川 哲夫

      
     



宮川哲夫(1922年〜1974年)  大島波浮港4番地生まれ

昭和28年31才、吉田正と第一作「哀愁のギタ−」を発売。
「街のサンドイッチマン」「ガ−ド下の靴磨き」「赤と黒のブル−ス」「夜霧の第二国道」
と低迷するレコ−ド界に次々と大ヒット曲を送り出した。
昭和41年「霧氷」橋幸夫でレコ−ド大賞を受賞した。
全850曲を作詞した。