本文へジャンプ
 


○幸田露伴(小説家)

波浮は少しく湾形をなせるところ

 悄壁三方をめぐり紺碧一漲を湛える





幸田露伴(1867年〜1947年) 東京都生まれ

電信修技学校卒。独学により和漢仏典に通じ、また井原西鶴にも心酔した。男性的な名人気質や神秘幽玄の境地を多く描き小説「風流伝」「五重塔」「天うつ浪」、詩「心のあと」などがある。
その浪漫性や理想主義的作風は知識人に受け入れられ、尾崎紅葉と好対照を為し紅露時代といわれた。
明治45年1月来港。