本文へジャンプ
 


波浮開港の碑

波浮開港の碑                    秋広日出男氏写真集より
  




           



港と上の山を結ぶ新道の途中に神明様が祀られている。創立年月並びに祭神は不明、網代の漁師が祀ったものとも言われる。
明治2年榎本武揚の軍艦に水先案内として五稜郭まで行った松下常吉が、北海道からの途中奉じてきた木像が祠の中に安置してあり、境内には初代大島島司小池友徳の文になる「波浮開港碑」が建ててある。