本文へジャンプ
 


○巌谷小波

巌谷小波
春の水 おぞくも狂う 入り江かなかな    



巌谷 小波
春の水 

 おぞくも狂う 

   入り江かなかな

      
     



巌谷小波(1870年〜1933年) 

明治から昭和の童話作家
明治20年硯友社に入社。「五月鯉」「妹背貝」などを書く。
24年の代表作「黄金丸」以後は「少年文学」により「日本お伽噺」「世界お伽噺」
などを書き明治児童文学界の第一人者。
大正9年9月8日来港